仮想通貨は勉強が必要?必要性について

NO IMAGE

「副業で、仮想通貨をやっているけれど、勉強する時間がない」という方もいると思います。
今回は、そんな方に向けて、仮想通貨投資をやる上で、勉強は必要なのかどうかを解説していきます。

結論から言うと、必要ですが、大量の勉強は必要ありません。

確かに、仮想通貨とは何かを知らずに、投資を始めるのは危険です。
そのため、最初はまず仮想通貨の基本的な概念や、どんな種類があるのかということについて勉強する必要があります。
そのため、最初に入門書一冊程度の知識は必ず入れる必要があります。それは間違いありません。
また、仮想通貨のリスクや税金関連のことについても、最初に勉強しておく必要があります。

ですが、大量の勉強は必要ありません。
例えば、FXや株式投資等は違います。この二つは、大量に勉強する必要性があるでしょう。自己流だけでは中々成果を上げにくいです。
一方では、仮想通貨はどうでしょうか?
仮想通貨は、長期保有の場合は特に、「ほぼ放置」で稼げますよね。
ビットコインは、長期的に見れば、今の価格よりも、更に上がっていく可能性が高く、長期でやるのであれば、ほぼ放置でも利益が出せる可能性が高いです。

ただ、「ビットコイン以外のアルトコインにも多額を投資する」という場合に関しては、他のコインについても勉強する必要があります。
そのため、少し勉強の必要性と量が増していきます。
ビットコインとは違い、他のコインは中長期的に見ればほぼ稼げるというものばかりではありません。
今後暴落していく可能性も十分にあります。一方で、急騰した時にはビットコイン以上の大きな伸びを見せる可能性が高いです。

そのため、「副業でやっていて勉強する時間がない」という方は、まずはビットコインにだけ投資をするというのがおすすめです。
他のコインについては、少しずつ勉強していけば良いと思います。

ただ、仮想通貨でも短期的に売買するような方は、FXや株式投資と同様に、かなりの勉強をする必要があると思います。
仮想通貨は、短期間での価格変動が激しく、一歩間違えれば大損してしまうからです。
もちろん、短期投資にもメリットはあり、長期保有に比べて、短期間で成果を出しやすいという特徴があります。

長期保有の場合でも、勉強をすればするほど有利なのは事実です。なので、余裕がある方はやってみましょう。